伍丁目の我楽多はうす

ここは雑記、食べ物、音楽、中国語(普通話&広東語)などなどなんでもかんでも「我楽多(ガラクタ)箱」のように詰め込んだブログ。 なお「アヘラ」は高校時代のあだ名。 我識講少少廣東話。

車にも心ってもんがあるのか

 

「キミの運転は心がこもってないっ!!」
 

自動車教習所に通っていた頃とある指導員から浴びせられた一言だ。確かまだ第一段階(所内教習)の2回目の実車教習のときだ。

f:id:ahera:20170809100849j:plain

 

 
教習開始からほんの数分で「あ、この人とは合わなそう」と肌で感じたのだがドンピシャだった。直感は馬鹿にできないものだ。次の教習で最初に面倒を見てくれた指導員に当たったのだが、あまりにも悔しかったのでその人に泣きついたら冒頭の言葉を吐いた指導員はわたしの指導には当たらぬよう配慮してくれたのでほんと助かった。が、修了検定のときに例の指導員が技能検定員もやっている人間だと知り、厄介な奴を敵に回してしまったぜチキショウと気分がすこぶる悪くなったのを覚えている。
※後日、受付に呼び止められ事情聴取を受けるハメになったのは辛かった…。


そーれにしてもだ、あなたの指導も心がこもってないですよーだ、と言いたくもなる。技能検定員もやっている指導員でここまでひどいのいなかったぞ。と同時にこんなこと言われた教習生っておそらく後にも先にも自分くらいちゃうか、と思う…。他にもこんなことを言われた人がいたら見てみたいものである。


なお悔しいんだけど、以前事故りかけたとき心がこもってない運転をしてるからこーなるのか、と身をもって理解させられた。あーああの指導員は将来のわたしを見通していたんだろうか。