伍丁目の我楽多はうす

ここは雑記、食べ物、音楽、中国語(普通話&広東語)などなどなんでもかんでも「我楽多(ガラクタ)箱」のように詰め込んだブログ。 なお「アヘラ」は高校時代のあだ名。 我識講少少廣東話。

LUNA SEA「STYLE」(お題スロット:「初めて買ったCD」)

 

お題「初めて買ったCD」

 f:id:ahera:20170828185750j:plain

 

中学3年のときに買ったアルバム。

LUNA SEAの「STYLE」である。

Style

Style

  • LUNA SEA
  • ロック
  • ¥2100

  

 

中学〜高校の途中まで彼らの大ファンで、ファンクラブにも入っていたくらい。

その恩恵を受けてではないけど、結構ライブに足を運んだっけ。

(ちなみにわたしはSUGIZOが好きだった。なお同じく大ファンでよく一緒にライブへ行ってた妹は現在INORANのファンクラブ会員である)

 

さてファンになってから初めて購入した「STYLE」。

メンバーって当時25歳前後。あの若さでよくあれだけのクウォリティのアルバムを作ってしまうもんだ、と今になって思う。

RYUICHIの声もそうだがこの頃のLUNA SEAが一番かっこいいと思う。

 

ちなみに10曲めの「IN SILENCE」はのちにシングルカットされた曲。アコギのリズムがいい感じ。序盤でアコギ一本で引っ張って行くのが渋くてかっこいい。対比してふわふわ出てくるギターソロがこの曲のコントラストをはっきりさせている気がする。

このアルバムで1、2を争うくらい好きな曲。PVはあのウェンツ瑛士が出ている。

 

ちなみに何のドラマか忘れたけどエンディングテーマになっていた。ドラマには興味がなかったのでエンディングのタイミングを見計らってテレビをつけてみたのだが…「なぜそこから流す?!」というところからスタートしていた。あれはがっかりだったなぁ。

 

このアルバムを提げたツアーを最後にバンドは一年間活動休止。

本当に今更ながら後悔しているんだけど、「真冬の野外」に意地でも行っておくんだった…。

(再開後の「真夏の野外」には行きましたよ、楽しかった)

 

1999年(だったか)にバンド解散してからそのあと一夜限りの再結成ライブがよく開催されていたので何回か行ったけど、「STYLE」時代から昔のLUNA SEAが好きなわたしにとっては昔の曲がセットリストに入っていると嬉しかったもんです。

ちなみに再結成後の曲は一曲も知りません…。

 

あまりに懐かしくなったので久々にこのアルバムをiTunesで聴きながらこの記事を執筆。

 

 ↓当時リリースされたものはiTunesか中古しかないけど、断然こっちがオススメ。

Style

Style

  • LUNA SEA
  • ロック
  • ¥2100

 

リマスター盤。当時のRYUICHIと声色が違う。