伍丁目の我楽多はうす

ここは雑記、食べ物、音楽、中国語(普通話&広東語)などなどなんでもかんでも「我楽多(ガラクタ)箱」のように詰め込んだブログ。 なお「アヘラ」は高校時代のあだ名。 我識講少少廣東話。

函館朝市・吉岡食堂の紫ウニ(お題スロット:「思い出の味」)

 

お題「思い出の味」


連日連日「思い出の味」シリーズで申し訳ない。
昔の記憶を整理する意味合いで書いている。
そういえばあんなの食べたな、こんなの食べたな、と今は懐かしい思い出に浸りたい。

◆過去記事(一部抜粋)

www.junk5box.com

www.junk5box.com
思い出の味。
北海道は函館市にある朝市で食べた、吉岡食堂さんの紫ウニ。

f:id:ahera:20170908225348j:plain

スポンサーリンク

 

 

いきなりどーんとウニの写真を載せたが、こんなウニを食べてきた。
ただ美味しかっただけでなく、「きっかけ」をくれた食べ物。

実は北海道へ行くまでウニが大嫌いで苦手だったのだけど、出発前に知人から「北海道のウニなら平気っていう人もいるんだよ」と言われて、せっかくなので一回食べてみることにした。
合わなければしょうがないし、美味しければそれはそれで良い、と思ってた。

さてここが吉岡食堂さん。 

f:id:ahera:20170908225538j:plain


ここは注文したものを外で食べられるようになっている。
店頭ではおっちゃんが呼び込みをしていた。
このおっちゃんがまたたいそう面白い人で…。

おぉ、ウニが早速うじゃうじゃしております。
触ったら痛そうだ。

f:id:ahera:20170908230150j:plain



早速ウニを注文。おじちゃんウニちょうだい。
はいはい、とウニをくれた。
ここのウニはひとつ1,000円。「食べログ」の評価に「量は少なめ」って書いてあったけど、充分すぎる量だと思う。

f:id:ahera:20170908230358j:plain

 

これが注文したウニ。
まーぎっしり!!見た目だけでいきなり圧倒される。
ここでウニを克服できるか否か。いただきます。

f:id:ahera:20170908231108j:plain

 

早速食べてみると…え?!美味しい!
今まで食べていたウニは一体なんだったのか。というより甘みがあって美味しすぎる。
このまま食べても良いし、わさび醤油でいただくのもこれまた旨い。

なお観光中のチャイニーズ軍団は生で海産物を食べるのが抵抗があるのか、「バーベキュー」なんて言っていた。
もちろんおじちゃんも手慣れたもので、きちんと炙って出していた。
そうか、そういう食べ方もあるのか。今度はバーベキューで食べてみたいなぁ。

朝から1,000円出してウニを食べるのはかなりの贅沢なんだけど、1,000円出してまで食べる価値のあるウニだと思う。

今回はウニしか食べなかったけど、他のものもぜひ食べてみたい。
函館の朝市へ行ったら絶対外すことのできない店。 
さてまた函館にも行かなくては!


ちなみに東京へ帰る日、最後に絶対寄らなくては後悔すると思いもう一度寄った。
おっちゃんはきちんと覚えててくれた。なぜかハグして帰ってきた(爆笑)。
おっちゃんほんとにありがと〜♪