伍丁目の我楽多はうす

ここは雑記、食べ物、音楽、中国語(普通話&広東語)などなどなんでもかんでも「我楽多(ガラクタ)箱」のように詰め込んだブログ。 なお「アヘラ」は高校時代のあだ名。 我識講少少廣東話。

門真運転免許試験場で食べたうどんの味(お題スロット:「思い出の味」)

 

お題「思い出の味」


そういえば運転免許を取得していつのまにか一年経過していた。
ロクに運転せぬまま今日まで過ぎてしまった。
35歳で免許を取る*1のは本当に苦労した。せめても若いうちに取っておくのだった。

去年門真運転免許試験場で試験を受けたのだが、その日に食べたうどんがこちらである。

f:id:ahera:20170914214543j:plain

 

 

おすすめメニューだかなんだかであった「肉うどん」。
たぶんあれ豚しゃぶ用の肉だったと思われる。

実は門真運転免許試験場へ3営業日連続で通った。小型特殊、原付、そして普通自動車の順に取得した。もちろんすべて一発合格。
この写真は普通自動車取得の日だったかと思うが、午前中に受付を済ませたのに試験時間がやたらと遅い始まりだったため時間潰しに食堂に篭り、このうどんを食べながら試験前の最後の追い込みをかけていたのだ。路面電車と高速道路の問題で苦戦していたのを思い出す。

ちなみに何を思ったのか3日連続で昼食はこの肉うどんを食べたのだ(笑)。だから3日間のいつの写真かを覚えていないのである。

安い割には本当に美味しかったのだ。うどんダシも、肉も、そしてうどんの茹で加減も抜群だったのだ、安い割には。
おそらくこのメニューを食べることは何かしらの免許を取るか免許更新で出向くかしないとないだろう。もしかしたらもう二度とないのかもしれない。
ともかく、本当に美味しかったので忘れられないのである。

今ではこれではなくとも「肉うどん」を見ると門真運転免許試験場を思い出す。
同時に、免許取得までの辛い日々が脳裏に蘇ってくる。
去年の夏にはもう戻りたくない。

※2017/9/16追記

1:この写真は試験場通い初日の写真ということが判明。小型特殊自動車免許の試験後に食べたうどんである。
2:小型特殊自動車免許について過去に記事を書いたのでシェア。

www.junk5box.com

 

*1:教習所では実際にもっと年配が何人かいたうえ、指導員からは「もっと年齢行ってから取る方も大勢いるんだよ、と言われたのだがそれでもわたしは結構浮いていて気になっていた。