伍丁目の我楽多はうす

ここは雑記、食べ物、音楽、中国語(普通話&広東語)などなどなんでもかんでも「我楽多(ガラクタ)箱」のように詰め込んだブログ。 なお「アヘラ」は高校時代のあだ名。 我識講少少廣東話。

香港 許留山のスイーツ(お題スロット:「思い出の味」)

 

香港スイーツチェーンと言ったらまぁいろいろあるのですが、手軽に食べられてかつ有名な店と言ったらここだと思う。
「許留山(ホイラウサン)」のスイーツ。

www.hongkongnavi.com
たまーに食べたくなるスイーツ、記録として残しておこうと思う。

f:id:ahera:20170916233752j:plain

 

まずは先に掲載したこの黒い謎の物体。
これは上記のリンク先にも掲載されているが、特製亀ゼリー。
別でついてくるガムシロップをかけていただく。そのまま口にすると本当に苦くとても食べられたものではない。

そしてこちらが温かいデザート、ツバメの巣。

f:id:ahera:20170916234313j:plain

何が巣なのかよくわからなかったのであんまり感動はなかったのだが(ひどい)、底冷えする12/31の香港ではこの温かいデザートは嬉しかったものである。

そして最後、面白いなぁと思ったのがこちら。

f:id:ahera:20170916234443j:plain

え?ただの白玉でしょ?と思ったら大間違い。
確かに白玉なんだけど…。

このデザート、名前が「糖不甩(トーンバッラッ)」というもの。最後の「甩」の字、面白いでしょ?「用」ではないからね。
「甩」というのは「落ちる」とか「離れる」という意味なのだけど、すぐ前の「不」で打ち消しているので「落ちない」という意味。
んで「糖」は砂糖ってことだから、直訳すると「砂糖が落ちない」というデザート。そう、白玉にくっついて落ちないのです。
実際かかっているものは砂糖ではなくナッツパウダー。甘くて美味しい。

メニューにもしっかり書いてある。853番。

f:id:ahera:20170916234836j:plain


わたしが行った店は銅鑼湾の店だったのだが、ここの従業員が多少愛想が悪くあんまり気分が良くなかった。
※日本と同じサービスは求めないが結構感じが悪かった。

が、美味しいデザートだったしとりあえず良しとしよう。
今度は別店舗に行くかなー

★地図