伍丁目の我楽多はうす

ここは雑記、食べ物、音楽、中国語(普通話&広東語)などなどなんでもかんでも「我楽多(ガラクタ)箱」のように詰め込んだブログ。 なお「アヘラ」は高校時代のあだ名。 我識講少少廣東話。

たこ焼き菓子食べ比べ!〜たこ焼き食べ歩記〜(番外編)

 

このブログで「たこ焼き食べ歩記」なんていうものをちょこちょこ書いている。
おかげさまでたこ焼きの食レポを書くということに少し慣れてきた。
が、そこでふと思った。
「別に本物のたこ焼きだけじゃなくても良いんじゃないか?!」

…そういうわけで、今回は番外編として菓子の食べ比べをお届けしたい。

f:id:ahera:20171014195956j:plain

 

 
先日、仕事で新大阪へ行った帰りに新大阪駅構内の土産屋でゲットしてきたのである。
手取り早くエセたこ焼きを堪能するならば、まずはたこ焼きに一番近いものを!と思ってこれにした。
なんか似たようなものが並んでいたので、結局2種類買うことに。

余談だが、たこ焼きもどきを購入したその足で、千里中央の和楽路屋でたこ焼きとビールをいただいた。過去記事でレポートしてみたので参考までに。
どんだけたこ焼き好きなんだよ!と言わんばかりの一日であったと思う。

www.junk5box.com

 

対面の儀


そして休日の本日、食べ比べ決行。
購入したのはこの二つである。

f:id:ahera:20171014195108j:plain

一見同じようなたこ焼き菓子だ。
しかし左側の「大阪のたこ焼」という菓子だが…

ご丁寧に「たこ焼きなのじゃ!!」と英語で書かれておったり

f:id:ahera:20171014201538j:plain


反対側にはなぜかカタカナ英語まで書かれておる。
しかも「大阪のたこ焼!」は日本語だし?
いやー言うなれば「ズィス イズ」の方が個人的には好きだが。

f:id:ahera:20171014201709j:plain

開封の儀


とりあえずごちゃごちゃ言ってないで開封しよう。
たこ焼き軍団はこんな感じに包まれている。
なお、内容量が違うので、左のたこ焼きは1パックだけ食べることにした。

f:id:ahera:20171014202013j:plain

 
しかしこの左側のたこ焼きだが、ここでもしつこく

f:id:ahera:20171014202207j:plain


我輩はたこ焼きである」と主張してくる。

が、よく見るとニュアンスが違う。

「ディス イズ!」で終わっているのである。

そして下を見るとだ。
でぃすいず」…おっぉ、ひらがなときたか。
特製ソース!!」…特製ソースだと強調しておる。

これが大阪パワーってやつか?

試食の儀


怯むなアヘラよ!ということで試食したい。
っと、その前に、食べるまえの写真を。

 

f:id:ahera:20171014202759j:plain



まず右側のたこ焼きは銀色のパッケージを開くとトレイに入ったたこ焼きのまんまで出てくる。
そして左側のでぃすいずだが、こいつはちょいと手間がかかる。付属の青のりと特製ソース!!をかけてからでないと食べられないのである。
手を焼くやっちゃ。ま、つまようじがついてきたので許してやる。
ノーマルは鉄板のたこ焼きに対して、でぃすいずは持ち帰り用のたこ焼きをイメージしているのだろうか。

今度こそ試食の儀


まずは右側、鉄板をイメージしたたこ焼きから試食。

…正直言うがそんなに美味しくない。マヨネーズ風味のソースがかかっているが、ちっともマヨネーズ風味ではない。ただの甘いソースにしか感じない。
うっすらとついたたこ焼きソースの味もなんだか中途半端である。ボツ。

f:id:ahera:20171014203017j:plain


そしてでぃすいず。
ソースをかけたばかりのせいか、つまようじをぶっ刺すときにツルン!と滑ったが、それは置いといて。

f:id:ahera:20171014203753j:plain

先ほどのノーマルに比べて断然旨い。やっぱりソースが違うからか。
さすが「名ばかりでぃすいず」ではなかった。

…が、食べ続けているとだんだん飽きてくるものだ。
半分食べたところで我が家に居合わせたマヨネーズ君に友情出演していただこう。

f:id:ahera:20171014204009j:plain

マヨ君が入るとやっぱり旨い。たこ焼きにはマヨ君が欠かせないのである。
ここいらで登場してもらって正解であった。

 

総括の儀


軍配は言わずもがな「でぃすいず」へ。
決め手はもちろんソースだった。

ところで、この両者なのだがどちらもベースはウェハースなのである。

f:id:ahera:20171014204246j:plain

f:id:ahera:20171014204258j:plain


正確に言うとスナックではなく「ウェハース」。
白状すると、この両者を食べる前、てっきりあの「キャベツ太郎」みたいなスナックだと思っていたので正直がっかりしてしまった。
が、「ウェハース」だなんて言われなきゃ完全に気づかなかった。

もしどちらかをお土産で持って行くのであればでぃすいずの方だが、ぶっちゃけた話「一回食べたらもう十分」というのが正直な感想である。
こいつらを土産にするくらいならもっと旨い菓子を買って行く。

ま、話のネタには良いのではないでしょうか、と言ったところ。

さ、でぃすいずはあと1パック残っているけどこれは誰かにあげてみるか…

f:id:ahera:20171014204657j:plain