伍丁目の我楽多はうす

ここは雑記、食べ物、音楽、中国語(普通話&広東語)などなどなんでもかんでも「我楽多(ガラクタ)箱」のように詰め込んだブログ。 なお「アヘラ」は高校時代のあだ名。 我識講少少廣東話。

姫路城に行ってきた-姫路日帰り旅行記-

 

今週のお題「休日の過ごし方」

本日(というか昨日)10/30(月)、休みをもらっていたのでずっと行きたかった姫路へ日帰り旅行をすることにした。
あちこち行って一回では書ききれないので、ここでは姫路城へ行ったことを書きたい。

 

f:id:ahera:20171030214918j:plain

 

 
姫路と言ったら姫路城。むしろ姫路は姫路城しか知らない。
しかーし、姫路城はおろか姫路にすら行ったことがなかったので、せっかくなのでターゲットを姫路とした。

午前中に姫路城へゴー。JR姫路駅を降りると「姫路城口」という出口がある!よしここを出れば一直線〜
…は一直線なのだが、これがまたバカみたいに遠い!姫路城天守閣がもう目の前に見えているのになかなか着かない。
距離感は全然違うんだけど…月みたいなもんだと思った。

暑いのだか寒いのだかよくわからない天気の中ぺそぺそと姫路城まで歩くこと15分ほど、やっと到着。

f:id:ahera:20171030215333j:plain


姫路城に到着するもここからがまた長い。天守閣へ行くにもさらに歩かなければならないのだ。
急な上り坂を駆け上がり、天守閣の入場券を1,000円で購入。
だがここからがまた長い長い。

そしてとうとう天守閣の中へ。天守閣とご対面!
豊臣秀吉になった気分で入ります。

f:id:ahera:20171030220137j:plain


天守閣の中は靴を脱いで上がる。一方通行なので一旦中に入ったら順路通りに進まないと出ることができないので注意。
おまけに天守閣の中は暗く、階段が急。さらに嫌でも一番上まで階段を昇らなくてはならなくなるので体力的に心配な方は天守閣の中の拝観は避けたほうが良い。

中の展示物はほぼない。最後の方にいくつかあったくらいなのだが、混み過ぎて早く出たかったわたしはろくすっぽ目もくれずに出てきてしまった。あちゃー。

しかしながらなぜ月曜日だというのに入場制限がかかるほど混むのだ。終始「?」マークが頭の中を駆け巡ったが、無事拝観できたのでよしとする。

改装してからのあの天守閣の白さは賛否両論らしいけど、個人的にはかっこいいからありだと思う。
どういうものにしろ経年劣化は免れないのだし、こうして改装などして国宝が守られていくならばそれはそれで良いではないか。

…どうでも良いのだけど、昔「シメジで作った姫路城」という記事を読んだことがある。
さすがにこの記事で作られたシメジ城は飾られていなかった。
当たり前ではあるがなんか残念であった。 

@nifty:デイリーポータルZ:シメジで作った姫路城