伍丁目の我楽多はうす

ここは雑記、食べ物、音楽、中国語(普通話&広東語)などなどなんでもかんでも「我楽多(ガラクタ)箱」のように詰め込んだブログ。 なお「アヘラ」は高校時代のあだ名。 我識講少少廣東話。

skypeで中国語普通話を習う。ニーハオの世界へ飛び込む。

 

ちょいと必要に迫られたので北京語(中国語普通話、つまり世間一般で言われている中国語のこと)をやることになった。
教室に通うのはめんどくさいし家で気軽にできたら、ということでskypeでのオンラインレッスンを受けることにした。

f:id:ahera:20171102194610j:plain

 

 

「あれ、今までやっていた広東語は?!」という話だが、広東語は完全に趣味の世界なので本なりアプリなりで勉強している最中。って今はアプリでクイズやったりたくさん喋って遊んでいたりするのだけど。

www.junk5box.com

www.junk5box.com

 
実を言うと、中国語普通話はちょろっとだけ独学でかじったことがある。
が、独学で発音をちょこっとだけなのでほぼど素人。
ちゃんと他人に発音を聞いてもらわない限り上達はしないだろ、と思って中国人に教えを乞うことに。
中国語は発音がかなり大事ですからね。

会員登録をしたのはここ、「ネットチャイナ」というサイト。

f:id:ahera:20171102194132p:plain

25分コースと50分コースが選べるのだが、わたしは25分。その方がちょうど良い。

早速先ほど25分のレッスンを受けたのだけど、これが面白い!
今日は声調と母音の練習のみだったけど、これだけであっという間に終わってしまった…。

ちなみに中国語というのは(広東語もそうだが)高低を区別する「声調」というものがあって、まずこれができないと話にならない。
詳しくは以下のサイトを見てほしいのだが、中国語普通話は4声を使い分ける必要がある。

www.idesgrrtuvd.net


これが広東語だとなんと6声になる。最初はこれでひどく苦労する。
※これは動画を見たほうが早い。

www.youtube.com


わたしは広東語をやっていたので声調については中国語普通話の4声は楽勝。
ただし!母音が難しい。「er」ってなんだよ「er」って!
四苦八苦しながら発音していたというのに先生ってば「アヘラさんはもうできてますネ。なので次に行きましょう」ですと…知らんよもう。


明日は違う先生だけどまた予約をした。3連休は2コマの予定。
しばらくいろんな先生の授業を受けて、それから一番合う先生にシフトしていこうと思う。

少しずつ少しずつ頑張ってこー!