伍丁目の我楽多はうす

ここは雑記、食べ物、音楽、中国語(普通話&広東語)などなどなんでもかんでも「我楽多(ガラクタ)箱」のように詰め込んだブログ。 なお「アヘラ」は高校時代のあだ名。 我識講少少廣東話。

あじわいぷっちょ 台湾スイーツ パイナップルケーキ仕立てを食べてみた

 

セブンイレブンでなんとも可笑しなお菓子が売っていたので買ってみた。

 

f:id:ahera:20171113225018j:plain

 

 
あじわいぷっちょ 台湾スイーツ パイナップルケーキ仕立て。
ただの「パイナップル味」だったら別に全然おかしくもないのだけど、なにぶん「パイナップルケーキ」となっているのでもはやどういうものなのかが想像しにくい。

ちなみに、セブンイレブンで見かけたとき一旦スルーしたものの、不思議と気になってしまい今回手に取ることにしたのだ。

さて早速開封。このように個包装になっているため食べかけの保管には全く困らない。
個々の袋にもしっかりとパイナップルケーキの写真が載っているではありませんか。

f:id:ahera:20171113225049j:plain

 
そして包みを開けてみると綺麗なベージュのぷっちょが。
両端から出ているケバケバがおそらくドライパイナップルかと思われる。
「ドライパイナップルがそのまま入った!」なんて書いてあったので多分そうかと。

f:id:ahera:20171113225119j:plain

 
で、肝心のお味なのだけど…最初食べた瞬間正直言ってまずかった。
が、噛んでいくうちパイナップルの甘みがじゅわーっと滲み出てきて不思議な美味しさに変わっていったのである。
んーなんでしょう、やたらと癖になってしまいついつい数粒食べてしまうのである。

台湾土産の代表格であるパイナップルケーキのそれとはなんか違うけど、これはこれでまぁアリなのではないだろうか。
ただ、一度に一袋全部食べるのはちょっと勘弁だけど。

余談だけど、歯の矯正中の身でこのぷっちょを食べるのはあまりおすすめしない。
矯正器具のブラケットにパイナップルが挟まって取れない取れない。何とかならんもんだろうか。

 

 

 ☆前回の食べてみたシリーズはこちら 

www.junk5box.com