伍丁目の我楽多はうす

ここは雑記、食べ物、音楽、中国語(普通話&広東語)などなどなんでもかんでも「我楽多(ガラクタ)箱」のように詰め込んだブログ。 なお「アヘラ」は高校時代のあだ名。 我識講少少廣東話。

歯科矯正後にはレバニラ定食?

 

先日金曜の話だが、上の歯の矯正をしてきた。


f:id:ahera:20171125121731j:plain 

 

 


もともと5月の下旬より下の歯のみ矯正をしており、当初は上の歯の矯正は不要と言われていたのだが歯科医の判断の下、上の歯の矯正を追加で行うことになったのだ。
とはいえ上の歯すべてではなく、犬歯から犬歯の合計6本のみ。いくら6本だけとは言えど、異物感がハンパじゃない。ブラケットが口の裏側に当たって早くも口内炎ができている。

と、これだけでも痛いのだが不幸にも口角炎ができてしまっている。ダブルパンチの痛さである。
口角炎はビタミンB不足のサインである。ビタミンBといえばうなぎのかば焼き、レバー、納豆、その他もろもろが良いとのこと。
ちょうどお腹が空いていたので昨晩、餃子の王将でレバニラ定食をいただいてきた。

 

f:id:ahera:20171128121933j:plain

 

お目当てのレバニラ定食をいただくことができたのだが…
しくじった。
噛むと前歯が痛いのだ。

そう、忘れてはならない矯正開始からの数日目。前歯が動いている最中なので歯が痛い。
歯ごたえのあるもやしやにんじん、にらもそうだがレバーを噛むととにかく痛い。
半泣きになりながらすべてを平らげて店を後にした。

ふと気づいたのだが、5月に矯正したときも確か次の日にレバニラ定食を食べて半泣きになっていた。
矯正中は物が噛めなくなるで!!と散々歯科医から言われていたにも関わらず、「栄養を摂らなきゃ」という思いが勝ってしまいつい食べてしまったのだ。

なんでこんなに学習能力がないのか。思い当たるフシがあった。
前回の矯正でも今回の矯正でもそうだったのだが、矯正した次の日はいてもたってもいられないくらい痛いと聞いていたのだが、わたしの場合はまったく痛みがなかったのだ。
それで拍子抜けをしてしまい、「じゃ食事してもまったく問題ないじゃない」と思ってうっかり歯ごたえのあるものを食べてしまったのだ。
歯の痛みは物を噛んだときに出るものだった。

歯科矯正後間もない時期のレバニラ定食は絶対にやめましょう。

おまけ:ビール飲んだら尋常性乾癬がひどくなった。