伍丁目の我楽多はうす

ここは雑記、食べ物、音楽、中国語(普通話&広東語)などなどなんでもかんでも「我楽多(ガラクタ)箱」のように詰め込んだブログ。 なお「アヘラ」は高校時代のあだ名。 我識講少少廣東話。

財布に免許証を入れない2つの理由と、免許証の持ち歩き方について。

 

普段免許証を持ち歩くときに財布に入れている方は多いと思う。寧ろ、財布にしまうのがデフォルトになっている感が強い。
が、わたしは財布に免許証を入れない。

 

f:id:ahera:20171204204827j:plain

 

 


なぜ財布に免許証を入れておくのが嫌なのか。これにはきちんとした理由がある。

 

1.財布を失くしたときに困る


ズバリはこれが一番の理由である。
財布に入れておけば必要なときにすぐ取り出せるのには頷ける。おまけにお金をはじめ大事なカード類を入れてまとめておけば貴重品管理は財布だけで済む。なんともラクなものである。

が、もし財布を紛失した場合、身分を証明するものがなくなってしまうのではないか?
身分を証明するものといえばパスポートもあるが、さすがにパスポートなんざ毎日持ち歩くわけにもいかない。
以前、後輩が財布を紛失した際、お金はもちろんのこと、免許証や保険証も一緒にしまっていたためすべてを失くしてしまっていた。再発行は面倒だわ、再発行手続き中は身分を証明するものがない、などまさに踏んだり蹴ったりである。
これが怖くてわたしは免許証は財布に入れないことにしている。

ついでながら言っておくと、保険証も財布に入れていない。保険証は診察券と一緒に別のカード入れに入れてある。
荷物が増えるが、リスク減を優先したいのでこうしている次第。
免許証の保管については後程。

 

2.以前車を持っていたときの名残り


こうしている人はあまりいないかもしれないが…
以前車を持っていたときにキーケースを持っていた。車の鍵と家の鍵はこのキーケースにしまっていた。
と、そういえば車を運転するときは必ず免許証を携行しなければならない。これは道交法で決まっているのだ。
第一家の鍵というものは出かける際に必ず持って行くもの。必ず持って行くものと一緒にしてしまえば絶対に忘れない。
そういうわけでうっかり免許証を忘れることがないように鍵とキーケースにしまい持ち歩いていた。
ちなみにそのキーケース、カード収納スペースがあるものだったので免許証もそうだがETCカードも収納できてとても便利だった。
ただ、車を売ってしまった今はそのキーケースは家で眠っているのだが…。


そして今は?


もはやキーケースの存在がなくてもよくなった現在、免許証は定期入れの中に入れて持ち歩いている。
移動手段が公共交通機関であればIC定期券は必ず持ち歩くため定期入れだと都合が良いのである。
キーケースを使わなくなったならばそれこそ財布に入れるべきなのでは?という声が聞こえてきそうなのだが、上でも述べているとおり「財布を紛失したら怖い」から財布にはしまわないのである。

余談だが定期入れには家の鍵も入れている。
なぜ定期入れに家の鍵が?という話だが、我が家のマンションはカードキーなので定期入れにぴったりなのである。
そういうわけで、定期と鍵と免許証は絶対に忘れないのである。

…定期入れを失くしたら本末転倒なのだが、そこを突っ込むとキリがないのでこれで勘弁願いたい。


追記:
キャッシュカードとクレジットカードは財布に入れている。同じ「お金」の仲間だから、というただそれだけの理由。
ただしどちらも各一枚まで。というより普段使うクレジットカードは一枚だけだから必然的に一枚になるのだが。