伍丁目の我楽多はうす

ここは雑記、食べ物、音楽、中国語(普通話&広東語)などなどなんでもかんでも「我楽多(ガラクタ)箱」のように詰め込んだブログ。 なお「アヘラ」は高校時代のあだ名。 我識講少少廣東話。

中国語普通話(北京語)と広東語、どちらを先に勉強するのか

 

 インターネット上でしばし議論されているこのテーマ。
「中国語普通話(北京語)を習うべき」という意見が圧倒的に多い。

とりあえず個人的な見解でも書いてみようかと思う。

f:id:ahera:20171112214359j:plain

 

 

 

やりたい方をやれば良い

 

はっきり言ってしまうがやりたい方をやれば良いのだ。
…とだけ書いて終わりにするのもアレなのでもう少し言及すると、

・好きな方、興味を持った方を始める
・自分が今置かれている状況によって決める

のがよろしいのではないのかと。
以下、具体的に例を挙げてみる。

 

広東語を勉強するなら


こんな人にオススメ。

・香港が好き
・旅行に行ったら広東語を喋ってみたい
・香港映画やゴシップなど香港芸能界に興味がある
・Don't think,feel!
・香港グルメや香港スイーツめぐりをしたい
・香港人の友人、恋人や配偶者がいる
・香港人の友人や恋人がほしい
・中国語普通話よりも広東語の方が好き
・しょこたんのファン


ちなみにわたしの場合、香港人の恋人がいたため広東語を習うことにした。
…ほどなくして別れたため、結果的に習い続ける理由がイマイチなかったのだが。

 

中国語普通話を勉強するなら


こんな人にオススメ。

・とにかく中国が好きだ
・中国四千年の歴史に興味がある
・何かメジャーな外国語を習得したい
・広東語より中国語普通話の方が好き
・仕事で中国語普通話が必要になった
・中国でビジネスがしたい
・中国語検定やHSKの受験を考えている
・中国語といえば普通話でしょ?
・中国や台湾への留学を考えている
・中国や台湾の旅行で困りたくない
・万里の長城を制覇してやるぜ!
・中国人の友達や恋人、配偶者がいる
・中国人の友達や恋人がほしい
・中国経由で北朝鮮に行きたい(今できるの?)
・王力宏のファンである
・台湾が好き
・台湾で原チャリ乗りたい
・九イ分(きゅうふん)へ行って千と千尋の神隠しの気分を味わいたい
・特に理由はないけど中国語がやりたい


…なんか最後の方がグダグダですが。
なお台湾についてところどころに出てきているけど、台湾は中国語普通話ができればまず困らない。
もっと厳密に言うと台湾語というものがあるけど、これについては言及しないことにする。
※すごいどうでもいい話ですが、台湾は思っているよりも日本語が通じません(経験談)。


最初にも書いたが、どちらを習うかは目的にもよると思う。
ただどちらを習うにしろ、文化や言葉の面白さを知ることができるのでどちらもオススメしたいところである。
ひとまず自分の考えで書いてみたのだが、ご参考までどうぞ。